大分じ働こうえ!

大分県で希望通りの転職をするために

観光地大分で働く 大分県には全国的に有名な温泉地が数多くあり、癒しや美味しいグルメを求めて国内外から多くの人が訪れています。中には観光だけでは満足できず、移住する人もいるほど。当サイトでは大分県に興味がある人に向けて、役立つ情報を発信しています。

希望する環境で働ける?

希望する環境で働ける?

転職する前にしっかりと考えておこう

様々な魅力にあふれた大分県に惹かれてそのまま移住を考える人もいると思います。ですが、安易な気持ちで行動してしまうと失敗してしまいますよ。大分県に転職する目的をしっかり持っておかなければ、転職そのものを後悔してしまいかねません。

大分県の転職事情

九州の東沿岸部に位置している大分県は温暖な気候で、雪が降るのは年間に2日~3日程度、と暖かい日が多いのが特徴です。県庁所在地は大分市で、約46万人がそこで暮らしています。
主要の大都市から離れていることもあり、職業の選択肢がそれほど豊富なわけではありません。ですが、海と山に囲まれた地形を活かした、農業や水産業などの第一次産業が盛んです。また、県内には九州を代表する大分臨海工業地帯があることから、半導体や自動車関連事業などの第二次産業も盛んです。

平均年収

大分県の平均年収は約412万円です。全国平均が420万円なので、平均よりもやや低めですね。ですが、平均年収の推移グラフを見ると、それほど大きな増減はありません。リーマンショックで世界恐慌になったときは、日本でも東京などの大都市は年収が大きく下がるなどの影響を受けていましたが、大分は増減が少ないので、そういった影響も受けにくく安定した手堅い仕事が多いのでしょう。

有効求人倍率は?

大分県の有効求人倍率は大体1.34倍です。全国平均が1.43倍なので、年収同様、やや低めですね。九州地方の有効求人倍率を見比べてみると、宮崎県が1.28倍、熊本県が1.50倍、福岡県が1.40倍なので、どちらかといえば大分県への転職は難易度が高めだといえるでしょう。

大分県に転職するメリットは生活費が安いこと

平均年収や有効求人倍率を見ていると、大分県への転職は考え直した方がいいのかも?と思う人もいるかもしれません。ですが、大分県は東京のように大都市ではないので、生活費が安価で食費や生活雑貨、家賃などの出費を安く抑えることができます。特に生活費の中で大部分を占める家賃を節約できるのは嬉しいですよね。月8万円~10万円の家賃だと東京ではワンルームマンションしか借りることができませんが、大分県だと駐車場がついた3LDKの部屋を借りることができます。

通勤ラッシュがほとんどないのも魅力的

通勤ラッシュといえば電車にぎゅうぎゅうに押し込まれているイメージが思い浮かびますよね。ベッドタウンから都市部に通勤している人は長時間の通勤ラッシュに耐えなければならないため、就業前から気が滅入ってしまいます…。ですが、大分県では電車よりも車で通勤する人の方が多いので通勤ラッシュに巻き込まれることもほとんどありません。通勤によるストレスが軽減されるので、仕事にもやる気が出ます。